【もっちり肌のポイント◎】意外としらない乳液の「正しい量」とは?

乳液はつけてるけど、そういえば「正しい量」は意識したことないかも?

 

こんにちは、Noiです*

今回は、こういったお悩みをもつ人向けの記事です。

 

洗顔後やお風呂上がりには、化粧水をつけますよね。

コットンをひたひたにしてパッティングしたり、ぱしゃぱしゃたっぷり使って浸透させたり。

Noi
わりと皆、気をつけてると思います。

 

問題は化粧水の後。

乳液です。

 

あなたは、一度にどのくらいの量をつけていますか?

 

乳液は伸びがいいから、かるく1プッシュくらいかな〜

 

こういうひと、けっこう多いんじゃないでしょうか。

 

知ってるよ!という人は、この先をよむ必要はありません。

ですが、「当てはまるかも…」と感じた人は、ぜひこの記事を読んでみてください

Noi
実はこの乳液が、もっちり肌をつくる保湿のポイントなんです!

 

 

スポンサーリンク

この記事をかいたひと

【 Instagrum : @li___noi

 

 

乳液の適量をよんでみる

乳液の「正しい量」=適量は、ちゃんと乳液自体に記載されていることがほとんど。

ウラ面や箱などに、使い方としてかかれています。

Noi
実際に、いくつかの乳液をみてみましょう♪

 

 

ミノン アミノモイスト

適量 → 1〜2プッシュ

ミノンの適量はこのように書かれていますね。

この「プッシュ」も、実は正しくできていない人が多いです。

 

1プッシュが何かというと。

しっかり下までぐっと押し切って、1プッシュです。

 

無意識に、途中までしかプッシュしていなかったりしませんか?

Noi
それだと推奨される量より少なくなってしまいます!

 

 

エリクシール シュペリエル

適量 → 10円硬貨大よりやや大きめ

エリクシールは、硬貨をイメージした表記です。

「10円玉より大きめ」がどのぐらいか、いちど手のひらにだしてみてください。

Noi
けっこう多い!と感じると思います。

 

 

キュレル

適量 → ポンプ3〜4押し分

キュレルは1プッシュで出る量がすくなめ。

しっかり3〜4プッシュで、推奨されている量がでることになります。

 

 

 

つけすぎはNG。適量を正しく守るのがベスト◎

ブランドによっては、目安が書かれていなかったり、「適量」とだけ記載があったりもします。

その場合、だいたい1円玉〜10円玉硬貨くらい、といわれています。

 

どちらにせよ、意外とたくさんつける必要があるとわかりますよね。

 

Leo
なるほど〜。じゃあ、とにかくたっぷり乳液をつければ安心かな!
Noi
それもちがう〜!
Leo
え!ちがうの?

 

大量につければいい、ということでもありません。

 

なぜなら、乳液は油分を含んでいます。

余計につけすぎると肌トラブルの原因になってしまうことも。

 

一日に何度もつけたり、適量以上を重ね塗りする必要はありません。

自分がつかっている乳液の「正しい量」を確認し、化粧水のあとに、適量をやさしく塗りひろげましょう。

Noi
テカリが気になる鼻やおでこは、薄く伸ばす程度でもOKです♪

 

 

 

正しい乳液の量をまもって、もっちり肌へ♪

乳液の「正しい量」。

思っているより、ちょっと多めだったのではないでしょうか。

 

化粧水は意識していても、なぜか乳液は、おろそかにされがち

化粧水のうえから十分な量の乳液でフタをし、しっかり保湿をすることが、もっちり肌への近道です♪

Noi
伸びがいいからと、少なめにつかうのはNGです!

 

ぜひ今日から、乳液の「正しい量」を意識して、スキンケアをしてみてくださいね。

では、今回はこの辺で*